AV女優になるにはファッションセンスは必要?

AV女優になりたい女の子の多くが憧れるAV女優と言うと、超人気AV女優の明日花キララさんなど、可愛さ綺麗さとオシャレなファッションセンスも兼ね備えたAV女優さんがあがりますが、まずAV女優になるにはファッションセンス・オシャレな服装は必要なのでしょうか?
今回はそんな女の子にとって人生で切っても着れないファッションについて、AV女優になるには必要かどうかについて説明します。

これについては、AV女優になるには
【普通ちょい下程度のファッションセンスがあれば良し】
が答えになります。
普通ちょい下程度のファッションセンスと言うのは、女の子の友達同士の会話の中でふざけながら
「〇〇ちゃんて服ダサいよね(笑)」
って言われる程度まではOKって感じです。
あまりにダサすぎて誰も友達になってくれない程度はNGです。
と言うのも、女の子の中でオシャレでファッションセンス抜群と思われる格好は男が可愛さやエロさを感じるものとは違い、むしろオシャレな女の子から見たらちょいダサめなくらいのファッションの方が男は可愛さやエロさを感じる事があるくらいだからです。(理想・無難で言えば、ちょいオシャレくらいが1番でしょうか。)
そしてAVプロダクションで働いているスタッフもAVメーカーで働いているスタッフも基本は男、面接をするのも当然男です。(女性用AVのAVメーカーはわかりませんが)
とは言え、あまりにダサ過ぎると流石に男から見ても可愛さエロさも感じなくなりますので、オシャレ以下で普通よりちょいダサくらい迄がAV女優になるには大丈夫な範囲(=AV女優の面接をクリアし易い範囲)となります。
あと、いくらオシャレと言われていても奇抜過ぎだったり、流行り有りきのオシャレで流行りが無ければ変な格好、みたいなをファッションセンス(結構多いですが…)は、やはりAV女優になるにはAVプロダクションやAVメーカーからのイメージよくありませんので注意ですので、AV女優になりたいオシャレ大好き流行ファッション大好き女子は注意です。
とは言え、裸になりメイクさんもスタイリストさんもつくAVですから、AV女優になるにはやはり大事なのは素の裸の女の子がどうか?ですので、酷く奇抜なファッションな女の子でも酷くダサ過ぎるファッションの女の子でも、そのファッションを脱いだ中身の女の子が素敵で、それがAVプロダクションやAVメーカーに伝わればAV女優になるのに何も問題ありませんので、AV女優になりたい女の子はあまりファッションセンスについては考えなくて構いません。
AV女優になりたいならひたすら服の中の裸の女磨き(可愛さ・綺麗さ・エロさ)、それだけ考えて努力していればAV女優になれます。